新発売 CUBE FIZZ クリヤーブック A4タテ 24ポケット グリーン リヒトラブ N6000-7 クリアファイル

STAHLWILLE(スタビレー) 54TX-T60 (1/2SQ)ヘクスローブソケット (03100060) カミ208497 【オリジナル】ファスナー付き6ポケットクリアファイル【くも】【カバー】【ケース】【ファイル入れ】【収納】【整理】【文房具】【学校】【勉強…

新発売 CUBE FIZZ クリヤーブック A4タテ 24ポケット グリーン リヒトラブ N6000-7 クリアファイル

TTTop Runner Talk
新発売
 CUBE FIZZ クリヤーブック A4タテ 24ポケット グリーン リヒトラブ N6000-7 クリアファイル
新発売 CUBE FIZZ クリヤーブック A4タテ 24ポケット グリーン リヒトラブ N6000-7 クリアファイル
manzoku-tonya/fr-ca4880-12318-JzQ
154円 257円
CUBE FIZZ クリヤーブック A4タテ 24ポケット グリーン リヒトラブ N6000-7











ポケットの新溶着方式でフラットに開いて、用紙の出し入れもスムーズ!

ポケットを4カ所で溶着しているので、フラットに開いて書類がみやすい。用紙の出し入れもスムーズ!


●色:グリーン
●規格:A4·S型
●外寸法:縦306×横231×背幅15mm
●材質:表紙/ポリプロピレン(生地厚0.5mm)、ポケット/ポリプロピレン(生地厚0.04mm)
●ポケット枚数:24枚
●不透明タイプ
●中台紙なし
※メーカーの都合により、パッケージ·仕様等は予告なく変更になる場合がございます。

●広告文責:株式会社プロヴィジョン(tel:092-985-3973)





【重要:ご注文について】
お客様のご都合による商品のキャンセル·交換·返品·数量変更は一切承っておりません。ご注文の際は慎重にお選びの上、ご注文願います。注文履歴でのキャンセル可能時間を越え、ご注文が確定されますと、在庫があるものは即、出荷手配に入る場合がございます。既にキャンセル可能時間を経過している場合は、ご注文のキャンセルを承ることが出来ません。即日出荷商品等、当店からの確認メールや、ご入金確認のメールが配信されない場合がございます。その場合は、商品発送(出荷)のメールをご確認下さい。


■ご注文の個数によっては、表示の出荷日目安よりも出荷まで日数を頂く場合がございます。納期については、事前にお問い合わせをお願い致します。

また、当該商品は他店舗でも在庫を共有しておりますので、在庫更新のタイミングにより在庫切れの場合、やむを得ずキャンセルさせて頂く可能性があります。

■納期がかかる商品を同時にご注文頂いた場合は商品が全て揃ってからの出荷となります。

【送料について】
同梱区分C : 1梱包あたり988円(全国一律)

※『異なる同梱区分の商品』を一緒にご注文頂いた場合は、同梱が出来ません。別配送となり追加送料がかかりますので、ご注文後に訂正の上、ご連絡させて頂きます。また、大量注文並びに重量物をご注文された場合や、輸送中の破損防止の為やむを得ず梱包を分けないと通常の梱包サイズに収まらないご注文の場合は、別途配送料をお見積りさせて頂きます。お見積りとなる場合は、ご連絡にお時間を頂くこともございますので予めご了承下さい。(追加送料は自動計算されません。出荷は保留扱いとなります。)

【ご注意】
事前の配達日時は一切ご指定頂けません。配達日時につきましては、お手数ですが出荷完了時にご案内する荷物問い合わせ番号をもとに、お客様より配送業者へ直接御調整をお願い致します。時間帯指定をされていても「指定なし」で出荷致します。
食品等の賞味期限·消費期限の残存日数のご指定は承ることが出来ません。メーカーによるリニューアルに伴い、パッケージ·内容等が予告なく変更される場合がございます。掲載写真等がリニューアル前のものであっても、リニューアル後の商品が届いた場合、ご返品や交換等は承ることが出来ません。ラッピング(包装)·のしがけは承ることが出来ません。メール便·定形外郵便等はご指定頂けません。

新発売 CUBE FIZZ クリヤーブック A4タテ 24ポケット グリーン リヒトラブ N6000-7 クリアファイル

イスラームの世界からみた世界
池内恵(イスラーム研究家)


のトップランナー講義はイスラム政治思想を専門とする東京大学准教授の池内恵 氏。

 

エレコム EJH-EGNH100 ハガキ用紙 光沢 厚手 エプソン用 100枚

 

国の法律、学校の校則、自発的に入っているサークルのルール。全部規範なんだけど、その規範のもつ強制力や、誰が決めるか、どれだけ普遍的かは異なります。イスラム教では人類全体に適用されるべきものとして、規範が決められている。日本の宗教はサークル的なもので、信じたいときは信じます、という一つの考え方ですね。ところがイスラム教はそうではない。人間の側が選んだり捨てたりするものではない。アッラーという唯一の神が預言者を通じて上から規範を下します。そして、その規範は明確に文字で書かれて本になっています。人間はその本をちゃんと読んで、規範を守って生きていかなきゃいけない、というのが宗教です。日本で考えられている宗教とは大きく違います。

 

スカラー候補生たちは静かに耳を傾けています。池内氏は説明を続けます。

 

イスラム教の考えでは、宗教には預言者がいないとだめなんですね。預言者というのは言葉をアッラーから預かってきた人、ということ。神がいて、預言者がいて、人類がいます。歴代預言者は何人かいますが、一番最後に出てきた一番ちゃんとした預言者がムハンマドというんですね。そしてイスラム教徒は、人類はその言葉を既に信じている人とまだ信じていない人で分かれる、という風に人類を認識するようになります。

しかし、グローバル化により、イスラム教徒と他の価値観をもつ人たちが混ざり合うことになりました。イスラム教は特に、全人類に適用されるルールだと考えていますが、現実の世の中はもっと多様ですね。過去100年、200年の間にヨーロッパやアメリカから広まっていった人権などの考え方や、お互いの規範の間には優劣はないはずですよね、という考えとぶつかり合う。そこで摩擦が生じる。イスラム諸国のイスラム教徒はそういった考え方を受け入れています。しかし同時に、そういった考え方はイスラム教と合わない、という人が出てきている。それで対立が生じる。そこでイスラム諸国の混乱がある。

 

さあ、質疑応答の時間。それまで静かに講義を聞いていたスカラー候補生たちが一斉に手を挙げます。

 

「僕は神道で、神道の考え方では僕も神になるのですが、もし、私は神だから教典を書ける立場にある、と言ったら、イスラム教の人はどう考えるんですか?」

 

池内氏は少し笑いながら返答します。

 

「イスラム教徒の場合は、大部分の人が、論理的に考えて人間が神ではないと考えるので、あなたは人間か神のどっちであるかを相手は考えますよね。その場合、大抵の場合、あなたを神だと認識しないので、その場合、人間が間違って自分は神だと考えているなぁと認識するということだと思いますね。」

 

次のスカラー候補生が質問します。

 

「もしコーランよりも正しいものが出てきました、という人が現れたらどう考えるんですか?」

 

「これは面白いところですね。イスラム教では規範があるとか規範が言葉で示されているというお話をしましたね。そしてさらに人間は言語の論理に支配されるんですよ。イスラム教では『最後の預言者』とコーランに書かれているので、二度と預言者は出てこないんです。コーランが最後の啓示と考えるから、ある人が持ってきた新しい啓示や啓典などは、議論の余地なく間違っている、と考えるんですね。

 

でもそれが結局、宗教っていうものが人々を安心させるんですね。これ以上ルールが変わることはないから、このルールを守って生きていけば幸せになれる、と。」

 

「ちょっとコーランのことを調べたことがあるんですが」と一人のスカラー候補生が手を挙げました。

 

「コーランには、税を払えばほかの一神教の宗教でもイスラム共同体で生きていける、という記述がありますが、今のイスラム過激派はキリスト教徒やユダヤ教徒を迫害しています。これはコーランの言葉に反しているのですが、彼らはどう思っているのでしょうか?」

 

池内氏は「税を払えば生きていけるという考え方はね、いや、あるんですけどもね」と言って回答を続けました。

 

「自分たちと序列をつけて、他の宗教がイスラム教の下で支配されているなら、という話なんですよ。他の宗教とお互いに平等にっていう結論につながらないんですね。過激派の人たちもほかの宗教を否定してはいないと思うんですよね。彼らがキリスト教徒やユダヤ教徒やそれ以外の宗教の人たちを迫害する理由は、序列をしっかりしないといけないと考えるからなんです。序列がない状態ではむしろ戦わなきゃいけない、という考え方が正しくなってしまう。実は(コーランの言葉と)矛盾はしていないんですよ。

 

かつては、地域によっては正しい宗教とそれほど正しくない宗教っていう序列がある中で生きていかざるを得なかった訳ですね。人間を宗教で差別してはいけない、という考え方は最近の考え方なんですよ。その考え方に変わってから100年以上時間が経っていますけど。

 

今、イスラム教を信じる人の中で、非常に葛藤があるんでしょうね。イスラム教の論理を信じていると、ある一面で安心があるんです。論理的に絶対に正しいことを信じているように見えるんですね。ただ、同時に、それを信じていない人もいるという現実と矛盾してしまうんですよ。人によっては両立させられなくなるんですね。多分それは理屈を通しすぎることが問題なんですけども。矛盾を解消すべきだと、複数の価値観と共生する方向ではなく、一つの価値観を強制しようとする。強制しても実際には他の価値観はなくならないんですけども、なくなるように見える。そういう強制的な解決策を示す人たちがいるんですね。」

 

講義終了の時間を過ぎても質疑応答は終わらず、講義時間を大幅に延長することになりました。そして、質問の挙手は止まないまま、講義の終了を迎えました。

 

では、どうすればいいのか?

 

そこに明快な回答はありませんでした。その回答は、スカラー候補生たちが経験を積み、知識を深めていく中で、一人一人が紡ぎだしていくものなのでしょう。

 

 

関連するプログラム

TIREKILLERTRANSPORTATION.COM RSS